黒ハート 欠点を評価する

今日は金曜日だから、あたしのフリートークよ。

お題は『欠点を評価する』

意中の相手にあなたを印象付けるちょっとしたテクニックだから、ぜひ覚えておいてね。


■欠点を評価する

長所を褒めるのなんて、誰にでもできることよね。

褒められた側にとって、それはある意味当たり前のことなの。


仮に、あなたに意中の男性がいて、まだ恋人関係にまでは至っていないとするわよね。

そんな相手に、誰もが言うような褒め言葉、つまり誰が見てもわかる彼の長所を伝えても、あまり効果がないの。


例えば、背が高くてスポーツマンで爽やかな彼に

「ひろし君って、背が高くてスポーツマンで爽やかだね!」

ってそのまま言ったとする。

確かに言われた側も悪い気はしないんだけど、誰もが言ってることだし、上っ面のことだけだから、これはあまり彼の印象には残らない。


大事なのは印象に残すこと。

それイコール、相手の心に触れることよ。

そのためには、長所ではなく短所を上手く評価してあげるのが効果的。


例えば、周りから時間にルーズだと思われてる人に

「たかし君って、待ち合わせによく遅刻するけど、本当はすごく約束の大切さをわかってる人だよね」

みたいに言ってあげるわけ。


人間には必ず二面性(アンビバレンス)があって、表に出ている自分とはまったく逆の自分が、潜在意識の中には潜んでいるの。

つまり、一見約束にルーズなたかし君も、潜在意識では『ちゃんと約束を守れる人になりたい!』って思ってるってわけよ。



初めにも言ったけど、長所を褒めることなんて誰にだってできるわ。

だからあなたには、あなたにしかできないことをやって欲しい。

短所まで愛して、はじめて人の心は動かされるのよ。


よく覚えておいてね。


まりな
■この記事へのコメント■
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。