黒ハート 復縁メソッドK 「ケース別対処法2」

■ケース別対処法

2.彼が何らかの問題を抱えているときに、自分のエゴに走ってしまった


一般的に、男と女とでは、トラブルが起こったときの対処法が異なるわ。

男は自分の力でそれを解決しようとし、女は誰かに打ち明けて一緒に解決しようと考える。

あなたは、そういった異性の特徴をしっかりと頭に入れておかなければならない。


たとえば、彼が仕事や家庭のことで重大な局面に立たされた場合、自分のことで一杯になり、恋人であるあなたに十分な対応ができなくなるケースがよくあるわ。

あなたは何でも自分に打ち明けて欲しいと考えるかもしれない。

でも男っていうのは、自分一人の力で解決することこそが、能力のある男のあるべき姿だと思っているし、またパートナーであるあなたへの配慮だとも思っているの。つまり、迷惑はかけたくないってことね。

だから、何らかの問題に直面すると、多くの男性は自分の殻に閉じこもり、問題解決に全力を注ごうと自分に働きかける。

いいとか悪いとかじゃなくって、それが男の習性なの。


もし、仕事や家庭の事情で忙しくなった彼に対して、もっと自分の相手をしてくれと迫った場合、彼はあなたを自分の生存を脅かす存在として認識してしまうわ。

だって彼にとっては、目の前にある重大な問題を取り除くことこそが、今の自分にとっての最大の生存意義なのだから、それを妨げる要素を敵と見なすのはごく自然なこと。

もちろん、これはちょっとオーバーには言ってるけど、本能レベルではそういった力が働いていると思っておいて差し支えないわ。


男性によっては、器用にあなたの相手もしつつ、自分の問題としっかり向き合い、解決していける人もいるでしょう。

でも、基本的にはあなたの助けは不要だし、できれば自分が問題を解決するまでそっとしておいて欲しいって考えるのが男の特性なの。


だからって、すべて男の言うことを甘んじて受け入れろって言っているわけじゃないのよ。

そこは男性側も、あなたを寂しがらせない努力や、あなたとの関係を上手く維持していく努力はすべきだからね。

ただ、男は問題に直面したとき、あなたにそういう風に接してもらいたいと思っているってことは、理解してあげましょ。

あとは、それを理解した上で、彼の対応にあなたが納得できるかどうかよ。


もしあなたが、「自分の方に我慢が足りなかった。彼が大変なのに自分のことばかり考えてしまっていた」って思えるんだったら、まずは謝罪すべきよ。

彼が大変なときに自分のエゴを押し付けてしまったことを真摯に反省し、今後は二人がどういった関係になろうとも、彼のことを見守り応援していく、という内容のメールを送るの。間違っても、「あなたもこういうところを直して欲しい!」なんて書いちゃダメよ。

そして、当分の間、あなたから彼への連絡は絶つようにしてね。そうねぇ、1,2ヶ月は自分からメールしない方がいいわ。

もし、彼から返事のメールが来てもすぐには反応しないで、一日ほど空けてから、返事に対するお礼を簡潔に書いてメールするの。

1,2ヶ月経っても、彼から何の音沙汰もない場合は、最近の自分の状況を伝える短いメールを送ってみましょ。ここでも、彼を急かすようなことや、問題は解決したの?みたいなことは一切書かないように。


基本的に、彼からメールが来れば少しは脈があると思っていいわ。

一切メールが来ないようであれば、かなり厳しい状況だと覚悟しておきましょ。


上手に復縁に結び付けていくポイントは、彼からメールがあってもすぐには反応しないこと。それから、彼と同じくらいの文章量で、同じようなテンションで対応すること。

彼は、あなたから要求されすぎたことに嫌気がさして別れを切り出したわけだから、とにかく彼をせっつかずに大らかな態度で対応することが大切よ。

彼からのメールが増え、また会いたいようなことを彼が言いだしたら、復活は近いわ。


まりな
■この記事へのコメント■
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117807078
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。