黒ハート ネットでの出会い方A

今日は、ネット上の出会いにはどういった媒体(ハブ)があるのか、またその特徴なんかについてお話しするわね。


■ネット上の出会い媒体


□出会い系サイト

出会い系サイトって聞くと、もうそれだけで無理!って思う人も多いでしょうけど、偏見を捨てれば案外使える媒体でもあるのよ。

出会い系サイトには詐欺的な悪質サイトが非常に多いわ。これは紛れもない事実。

だけど、安全で優良な出会い系だって実際にはあるわけ。

意外って思うかもしれないけど、かのYahoo!やgoo、livedoor、exciteなんかも出会い系サイトを運営しているのよ。

それに、そういった優良な出会い系サイトっていうのは、実はmixiやgree、モバゲータウンなんかのSNSともさして変わらない。

ただ、18歳未満禁止っていう縛りがあるから、中にはアダルト的なコンテンツを設けているところもあるけど、きちんとしたサイトを選べば、有効な出会いの手段として活用できるわ。

利用する上での注意点については、また後述するわね。


□SNS

SNSっていうのは、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略よ。

平たく言えば、自分専用ページの付いたネット上のコミュニティーね。

読者の中にはmixiを利用している人も多いと思うから、mixiを例にとってお話ししていくわね。


mixiは利用者が1500万人以上と言われているわ。

だから、あらゆる人と知り合える可能性がある。

ただ、mixiの場合は、リアルでのお友達との”連絡場所”的な使い方をしている人も多いから、そこで知り合おうって雰囲気でもないのね。

でも、男性の中には出会いを目当てに女の子を物色している人も多いから、出会いも十分に期待できるわ。

まぁ、リア友との連絡場所に使っている人にとっては、ウザい以外の何者でもないでしょうけどね。


□結婚情報サービス

雑誌なんかの広告でよく見かける、オーネット(OMMG)とかサンマリエのような、いわゆる結婚相談所よ。

会費は数千円〜数十万円とプランなんかによって大きく変わってくるんだけど、やっぱり高いなって感じは否めないわね。

でも、会員の身元がはっきりしているし、真面目に取り組んでいる人ばかりだから、本気で結婚相手を探すのには良いかもしれない。

定期的にパーティーやお見合い会なんかのイベントも開催されているから、積極的に参加していれば速攻で交際→結婚ってこともあるかもしれないね。


□その他小媒体

これは、プロフとかブログとか掲示板のような、通常は出会いを目的としていない媒体での出会いって感じになるかしら。

まぁ、メソッド的にはSNSと同じような感じになると思うわ。



大雑把にご紹介したけど、概ねこういった媒体を中心に、詳しくメソッドをお話ししていくわね。

じゃあまた次回♪


まりな
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。