黒ハート ネットでの出会い方B

前回大きく出会いの媒体をご紹介したんだけど

1.出会い系サイト
2.SNS
3.その他

に関して、今日から一つずつお話ししていくわ。

まずは出会い系サイトについて。


1.出会い系サイト

まず知っておいて欲しいのは、出会い系サイトには悪質なサイトがたくさんあるということ。

今現在、ネット上には1万近い出会い系サイトがあると言われているわ。

そしてその内の99%以上が悪質なサイトよ。つまり、優良なサイトは100以下ってことね。

だから、もし出会い系で出会いを求めるのなら、必ず優良なサイトを利用すること。

悪質行為には、サクラ、ワンクリック詐欺、架空請求、不当請求、個人情報流出、迷惑メールなどが挙げられるわ。

これらはサイトを運営する事業者によって起こる問題だから、以前あたしが言ったような大手が運営する健全なサイトを利用していれば、まず問題はない。


次に、利用者間で気をつけなければならないことについてお話しするわ。

これはつまり、相手の男性会員とのトラブルってことね。


その前に一つ言っておきたいんだけど、出会い系であろうとSNSであろうと、そこにいる男性自体の本質っていうのは何ら変わらないのよ。

目的っていう部分ではやや違いはあるけど、男が女を求めている真理に変わりはないの。


確かに出会い系っていうのは、男女の出会いを提供している場だから、囲碁仲間を探そうと思って登録している人は多分いないと思う。

でも、モバゲータウンでもmixiでも、ナンパ目的のみで利用している男性も実際多いわ。

つまり、それがどんな場所であっても、出会いを求めている男性なら、中身もそう大差ないってこと。


このあたりは共通メソッドとして、また改めてお話しするつもりよ。


出会い系の場合は、より性的な欲求と結びつきやすいから、そこを利用する男性の目的も、「セフレ」とか「援助」とか「ヤリ目」といった色合いが強くなってしまう。

だから、女性側としては、それをまず念頭に置いた上で、しっかりと相手の目的を見抜かなければならない。


まぁあたしは、いわゆる軽薄な出会い系はおススメしないけど、大手が運営しているお見合い色の強いサイトなら、気軽に利用してもいいんじゃないかって思っているわ。

なぜなら、そういった場所では目的がより真面目なものだから。「結婚相手」「再婚相手」「真剣交際の相手」を探すのが目的だからよ。


出会い系って、イメージ的にはちょっと敷居は高いかもけど、優良サイトさえ利用していれば、実際にはSNSとなんら変わらないわ。

ただ、目的が出会いのみに特化しているということ。それに伴って、利用する男性の目的もハッキリしてるってことね。


あ、それと、18歳未満は利用できないから、高校生以下は利用しちゃダメよ。


まりな
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。