黒ハート 片思いにピリオド #2

「オトコを見る目を養う」

同じクラスの男の子や、会社の同僚を好きになった場合、上手く行かなかったときのことを考えると、どうしても告白しづらくなるわよね。

ふられたからって、その場から居なくなるわけにもいかないし、その後の活動や業務に支障をきたすかもしれない。

そんなことを考えれば考えるほど、二の足を踏んでしまいがち。


そういうときはね、告白するときに、ひとこと添えておくの。

「もしダメなら、このことは忘れて今までどおり接してね♪」って。


そう言ったにも関わらず、面白おかしく噂が広がったり、それ以来避けられたりするようであれば、それはあなたに男を見る目がなかったということ。

確かにその時は辛い思いをするかもしれないけど、一つ勉強になったって思っておきましょ。


逆に、返事がノーでも、その後も今までどおり接してくれるようなら、あなたの見る目は正しかったということ。

その彼との恋は成就しなかったにしても、頑張った自分を褒めてあげればいいわ。


好きになった相手に告白するということは、あなたの『人を見る目を試す』ことでもあるの。

告白した時の相手の反応で、本当に素敵な人だったのか、そうでなかったのかがわかるわ。

だから返事がYesかNoかだけを気にするんじゃなくて、相手の反応を見るようにしてね。


そうすることで、あなたの人を見る目はどんどん養われていくわ。

そして、見た目に捉われずに、物事の本質を見抜けるようになってくるの。

その経験の積み重ねが、いつか必ずあなたを素敵な人へと導いてくれるわよ。
■この記事へのコメント■
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。