黒ハート 褒め方A

今日は人を褒める際の展開のさせ方について学びましょ。

このテクニックを使うと、ただの褒め言葉が何倍にも効果的なスパイスとなるから、ちょっと覚えておいてね。


アメリカの心理学者アロンソンとリンダーは、次の4つの褒めパターンを実験したの。

A.初めから終わりまで一貫して褒める

B.初めはけなして、あとで褒める

C.最初から最後までけなす

D.初めは褒めて、あとでけなす

さぁて、どれが一番好感度が高かったと思う?

そう、答えはBの『最初はけなして後で褒める』ってパターンよ。

逆に一番嫌われたのは、Cの『最初から最後までけなす』ではなく、Dの『初めは褒めてあとでけなす』ってパターンだったの。

要するに『持ち上げて落とす』ってのはやっちゃいけないってことね。


で、効果的なBパターンの褒め方なんだけど、最初に少しけなす……というか、ちょっと否定的な前フリをするの。

「田中くんて、ちょっと言い方がキツイよね。でも……そうやって自分の意見をしっかり言えるのって、とても素敵なことだと思うなぁ」

ま、こんな感じね。


この例では内面に関してだったけど、身体的な部分に触れる場合は十分に注意してね。

これはとっても難しいの。

何故なら身長や体型、顔のパーツなど、先天的な部分に関しては、その人なりに非常にコンプレックスとなってる場合が多いから、一歩間違えると大きく相手を傷つけてしまうことになるわ。

だから身体的な部分については相手をよく観察して、相手がそのことについてどう思ってるのかを掴んでから褒めるようにしてね。


まりな
■この記事へのコメント■
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。